【高機能賭け計算アプリ】オリンピック等に対応したゴルフ握り計算アプリを紹介!

【高機能賭け計算アプリ】オリンピック等に対応したゴルフ握り計算アプリを紹介!

今回は、ゴルフの握り計算を一発でやってくれるウェブアプリをご紹介します!
ゴルフスコア計算アプリでは、「タテ」「オリンピック」「個人ハンデ」「ニアピン、ドラコン」に対応したオールインワン計算器となっております。
また、計算結果をLINEやSNS等で共有していただけるので、結果を共有する手間もかかりません。

細かい使い方はアプリの右上の「使用方法」を押せば出てくるので、ここではどのような計算ができるのかを中心に紹介したいと思います。

タテ

18ホール合計のスコアで勝負します。
1打1ポイントとなります。一番シンプルな賭けの方法です。
スコア計算アプリ内のスコアに入力することで、自動で計算してくれます。

オリンピック

全員がグリーンオンしてから始まる、パッティング距離の順番と、1パットで沈めた回数により勝負が決まる方法です。
カップから近い順に(鉄)(銅)(銀)(金)と振り分けられ、1パットで入れば以下のようにポイントが入り最終的な合計ポイントで競います。

鉄:1ポイント、銅:2ポイント、銀:3ポイント、金:4ポイント
※チップインした場合は、5ポイントなど独自のルールがあったりします。開始前にメンバー内で確認しておきましょう。

オリンピックの計算がなかなか厄介なのですが、こちらもオリンピックで取得した得点を入力するだけです。

ドラコン・ニアピン

ドラコン・ニアピンを取った人は、一回5ポイントなど予め決めておきポイントを競います。

ニアピン、ドラコンで取得したポイントを入力できるなんていたれりつくせりですね^^

個人ハンデ

個人的にハンデ数を決めておきます。
例えばこのようなメンバーでラウンドを回るとするとハンデ数がバラバラになり、計算が複雑になります。
Aさん(上級者)
Bさん(中級者)
Cさん(中級者)
Dさん(初級者)
AさんはBさんとCさんにハンデ5をあげて、Dさんには10あげる。
BさんはCさんにハンデ1をあげる。
BさんはDさんにハンデ4をあげる。
CさんはDさんにハンデ3をあげる。
はい、もう細かい説明はなしにして、計算することを考えるだけで嫌になりますね、、笑
そんな計算もハンデ数を入力するだけで一発でやってくれます!

スコア計算結果

順位と得点の計算結果を一覧で表示してくれます。

スコア計算の共有

URLを共有することで、簡単に結果を共有する事ができます!
メンバー内で共有してお楽しみください!

ゴルフスコア計算アプリはコチラから